最新の開催予定
責任逃れと自分責め

「やりたいことがない」とか、
「自分に自信が持てない」とか言っている人の
話を掘り下げて聞いていくと思う事がある。

「ホントもったいない。」と

「私のせいで〇〇がダメになった」と、
自身を責め立てることで
”無自覚に”被害者の立場をとり
不満に中毒してしまっている事が多いからだ。

悪気なく責任を放棄している。
そう言っても過言ではない状態

これは弱者救済・被害者を守らなければならない。
という空気がそこかしこに掴みどころなく存在しているからだ。
と考えれば辻褄が合う

冷静に起こっていることを観察すると

・何らかの失敗をしちゃった
・自身を被害者の立場に置く(無自覚に)
・誰かの助けを待っている(無自覚に)

という流れなんだけど

ふつう一人では気づけないし
「弱者連合」という言葉があるように
誰かといたとしても訓練していないと
なかなか気づけない事である。

でも今知っちゃったからね
まずは、自身に対する責任を果たそうぜ

何らかの失敗をしてしまったとしても
自分は何が欲しかったのか?と自問して、
原点に立ち戻る。

それを得るための行動を続けること。

それが 責任を取る。ってことじゃないかな

異業種交流会-攻略ガイドブック

週1交流会を開催する主催者がまとめた
業種・業界不問!異業種交流会-攻略ガイドブック

交流会前のダンドリから、交流会の最中にどの様に振舞うのか
自己PRはどの様に作るのが効果的か?などをまとめました

下のボタンを押して、LINE公式アカウントより 「ガイドブック」 と送信ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事